特殊清掃と孤独死

日本で孤独死する人の数は若者、お年寄り問わずに急増しており、その中の多くが高齢の男性だそうです。
2015年度の調べでは高齢の男性が孤独死したケースが4万件ですが、このペースで増えていくと、10年以内に10万件を超えてしまうのではないかと危惧されています。

こうした孤独死を迎えてしまうケースは、主に近隣住民との交流が少ない場合が多く、その弊害で場合遺体の発見まで1ヶ月、長いケースですと1年以上経ってようやく発見されるという事もあります。
腐乱してしまった遺体は警察が持ち出しますが、それでも部屋の状態は最悪と言えるもので、そうした状態の原状回復を行なうのが特殊清掃業者です。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る