親の家を片付ける方法

親の家を片付ける時というのは、突然訪れます。
高齢者はどうしても部屋の片付けをする体力も少なかったり、面倒に感じてしまったりしてしまい、放っておくと散らかり放題の家になってしまいます。

遺品整理
親が亡くなってしまった時はもちろんのこと、生きているうちから今後の事を考えて片付けをしておく必要があります。
生前整理という言葉もある通り、親の家の片付けは親のためだけでなく、自分の為に行なうものと考えましょう。
万が一片付けられないうちに親が亡くなってしまった場合、散らかっている状態で遺品整理を行なわなければなりません。
親にとっては大切な物でも、自分たちにとってはそうでもない物もありますので、大切な思い出を多く残しておく為にも片付けはオススメです。

片付けをするポイントとしては、片付けを始めた最初の3時間が勝負です。
この3時間で「いる物」「いらない物」を判断し、仕分けるだけでもその後の作業が大きく楽になります。
分別ができたら、同じカテゴリー別に整理をし、しまう場所や置き場所を一緒に考えます。
注意したいのが、これら全部を1人で行なうのではなく、親とコミュニケーションをとりながら行なうことです。
そうすることで、親にとっても心の整理に繋がります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る