生前整理のメリット・デメリット

最近話題の生前整理ですが、これ自体は残された人の事や、自分を見つめ直す機会にもなり非常に良い事です。
しかしメリットだけでなく、いくつかデメリットもあるのでそれを把握しておきましょう。

遺品整理
まずメリットと言えば、やはり残された人が比較的楽に遺品整理を行なえる点です。
特に故人でなければ判断しにくい物が何もされずに残されていたりすると、遺族の方は悩んでしまいます。
そして生前整理をする事で、今までの自分の人生を見直す事もでき、残りの人生を楽しめるというメリットもあります。

生前整理をする上でいくつかデメリットもあり、お年を召してから生前整理をすると言うのは非常に大変です。
整理整頓は体力だけでなく、気力も使いますので、元気なうちに行なう事が大切と言えます。
そしてどうしても生前整理と言うと、『死への準備』と考えてしまう方がいらっしゃいますので、これら全てのデメリットを解消するのなら、やはり元気なうちに整理をする事が一番だと思います。

では「元気なうちっていつ?」と考えてしまいますが、これには年齢は関係ありません。
自分で「元気!」と思っているならいつでも良いのです。
30代でも60代でも早すぎると言う事は無く、自分でピンッと来た時に少しずつ、時間をかけてゆっくりと生前整理をしていくのが理想です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る